お薬Q&A

お薬の効果を発揮させるためには、お薬にもっと関心を持って頂き、正しい使用方法を知ることが重要です。 使い方を間違えるとお薬の効果が得られないばかりか、危険なこともあります。 詳しくは当薬局の薬剤師にお尋ね頂ければ丁寧にお答え致しますが、ここでは患者様から頂く代表的な疑問にお答えします。

Q.お薬と飲食物、嗜好品との飲み合わせについて。例えば牛乳でお薬を飲んでも良いか?

牛乳でお薬を飲むと、お薬の効果が弱くなったりすることもあります。
こちらに代表的なお薬と飲食物、嗜好品との飲み合わせについてまとめましたのでご覧下さい。
お薬名から調べる方はこちら
嗜好品から調べる方はこちら

Q.「食前」「食間」「食後」「就寝前」とは?

「食前」食事のおよそ30分前です。
「食間」食事と食事の間。食後2時間程です。※食事をしながらという意味ではありませんのでご注意下さい。
「食後」食事のおよそ30分後です。
「就寝前」就寝の直前か30分~60分前です。
その他「食直前」は食事の直前。「食直後」は食事の直後。「頓服」は症状のあるときに必要に応じて服用という意味です。

Q.お薬を飲み忘れたときどうすれば?

一般的には飲み忘れに気づいたときに、飲み忘れた分だけ飲んで下さい。 しかし次の服用時間が近いときは、忘れた分は飲まずに、次回の分から服用して下さい。 ただし、お薬によってはあてはまらないことがあるので、医師か薬剤師にご相談頂いた方が良いでしょう。

Q.お薬の保管方法は?

保管状態が悪いとお薬は変化を受けやすく、効果が無くなるばかりか人体に悪影響を与えることもあります。 注意することは、直射日光を避けて高温・多湿に気を付けることです。もちろん凍らせてもいけません。 また、乳幼児や小児が誤って飲まないように保管場所には充分注意して下さい。

Q.病院で処方されたお薬と薬局で買ったお薬を併用しても大丈夫?

薬局で買ったお薬であっても、複数のお薬の併用には相互作用や相乗作用といった専門知識が必要です。 医師や薬剤師にご相談下さい。また、健康食品(サプリメント)として販売されているものがお薬の効果に影響を及ぼすこともあります。 (例えば ※西洋オトギリソウ)詳しくは薬剤師にお尋ね下さい。
※西洋オトギリソウ(セントジョーンズワート)=錠剤や濃縮エキスとして販売されているハーブ。