お薬のプロとして

お薬のプロとして

薬剤師はお薬の専門家として患者様の疑問、ご要望に的確にこたえられなくてはいけません。 そして、ご質問等を頂いた時は、お薬へのご理解を深めて頂く絶好の機会といえます。

例えば、最近急増しているお問合せが薬剤と飲食物・嗜好品の飲み合わせについてです。 お薬の本来の効果を引き出すためにも、これは大切な情報提供の一つです。 そこで、田辺薬品では見やすい大型のオリジナルポスターやパンフレットを作成し、患者様に配付しております。

このように私たちは情報提供の方法を工夫し、患者様と薬剤師のより円滑なコミュニケーションを目指しています。

また、情報提供とともに重要なのが患者様の個人情報の保護です。 個人名を呼ばずにお薬をお渡し出来る電光表示システムも、新しいコミュニケーションの方法として実験的に導入しています。

これからの薬剤師

高齢化社会が進むにつれて、薬剤師にとっても在宅医療への取り組みが重要となってきています。 しかし、薬剤師は臨床を知らないと言われることがあります。医師は、病歴・症状・臨床検査等の結果から総合判断し、 その流れの一部として薬物治療を捉えています。しかし、薬剤師は臨床から離れた薬物学の判断基準でしか患者様を見ていない傾向がありました。

そのため、田辺薬品では医療現場重視の人材育成を心がけています。スタッフは医師を対象とする講習会に参加したり、 臨床薬剤師として外来患者様だけでなく、在宅の患者様とも直接コミュニケーションをとれるように努めています。

弊社では今後、在宅訪問薬剤管理指導を視野に入れた薬剤師の育成にも取り組んでまいります。

人材育成

薬剤師にとって最大の喜びとは? …答えは様々かもしれませんが、 プロとしての誇りと責任を持ってはじめて見えてくる喜びがあります。 そんなプロとしての喜びを分かち合えるよう、田辺薬品ではさまざまな社員研修・教育の機会を用意しています。

薬局におけるサービスは、接遇時に集約されるといっても過言ではありません。 調剤の専門知識や技術を身に付けることはもちろん大切ですが、患者様ひとり一人に与える良い印象は、 現場を想定したロールプレイの実践によって生まれます。自分では気付かなかったことを指摘されたり、意外な発見があるものです。