先輩薬剤師の声

あさひ薬局中河原店 三田

「接客業としての心づかい」を大切にしています。

あさひ薬局中河原店 管理薬剤師の三田(みた)と申します。
私は、薬学生時代のアルバイトから、そのまま新卒薬剤師として田辺薬品に入社しました。

もともと接客が好きなので、大学を卒業したら患者様と直接関わることができる調剤薬局で働こうと決めていました。
また、田辺薬品は複数の店舗展開をしているので、さまざまな処方を実践的に勉強できるということも入社の決めてでした。

薬剤師にとってお薬に関する専門知識は必要不可欠ですが、同時に「接客業としての心づかい」がとても大切だと思っています。

患者様のご希望に良く耳を傾け、お困りのことを察しながら、何でもご相談しやすい雰囲気作りを普段から心がけています。

また、慣れてくると画一的になりがちな接遇ですが、患者様お一人おひとりに合わせた柔軟な対応と丁寧な説明をしたいと考えています。

特に最近では患者様ご本人ではなく、ご家族からの介護に関するご相談が増えています例えば、普段は別々に暮らしている患者様が、お薬を処方通りにきちんと飲めていないというお悩みをよく聞きます。
すぐにできる対応策として、お薬カレンダーでの整理や一包化をおすすめする一方で、薬剤師自らが患者様の近くにどんどん出向いて行く必要性を強く感じます。

そして、私は地域医療の一端を担う薬剤師として、在宅の分野にもっと積極的に関わっていくことが今後の重要な課題だと思っています。